FC2ブログ

08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

弐 ずんういあ

毎日更新!コリスのフエラムネのおまけや日常のことなどをいろいろと書いていきます(^-^ノ

今日のフエラムネ 

今日は2回目の更新です~。(^-^


今日のフエラムネは男の子用が2個です。

今日もまたまた久しぶりのおまけです。
前回の男の子用の時に、久しぶりに羽付
きコマが出てきたのですが、今日もなか
なかの久しぶり加減ですよ。(^^

このおまけも、過去には沢山の色が出て
いたおまけなのですが、今日の物は見た
ことがあるような気がする色でした。
確実に新色とは言えないのが残念な感じ
ですが、このおまけが出ること自体がう
れしいので今日もなかなか良かったです。
ちなみに今日のは7月の28日以来とな
ります。

IMG_6575.jpg
鼻がドリルの犬のような怪獣です。
こちらが今日の久しぶりです~。(^^
7月の末以来なので約1ヵ月ぶりですね。
前回は黄色でした。
この色は持っている気がするのですよね~。


IMG_6576.jpg
羽付きコマです。
前回の男の子用で出て久しぶりだったので
すが、なんと連続で出てしまいました。
しかし前回は羽の色が黄色だったので、ギ
リギリ違う色でした。(^^;

今日もこんな感じで久しぶりのおまけと、
出てきたばかりのおまけでしたね~。
でもとってもいい感じで良かったです。(^^

明日は女の子用です!
何が出るのか楽しみな様なちょっと怖
い様な・・・。(^^;
スポンサーサイト



Posted on 2010/09/06 Mon. 20:43 [edit]

category: フエラムネ

thread: コレクション  -  janre: 趣味・実用

TB: 0    CM: 0

06

クラッド足でスティックシャーシを作ろう その9 

今日はとっても久しぶりにスティック
シャーシの事を書こうと思います~。(^^

今まで何度かに分けて書いてきたスティッ
クシャーシ作りですが、今日の更新で
シャーシはほぼ完成となりますです。

以前にも一度、これでほぼ完成と書き
ましたが、実はあれから色々といじっ
ていましたので今日はその辺をご紹介
しようと思います。

今回の主な作業内容は、まず、スタビ
ライザーの取り付け、次にボディーマ
ウントの設置です。
その他にフロントの足周りにウェイト
を取り付けております。


スタビライザーは取り付けないとシャー
シが曲がったまま走行してしまったり、
ねじれてひっくり返ってしまったりと
まともに走りにくいので必ず必要です。

ウェイトはフロントのトラクションを
稼ぐために必要です。
クラッドタイヤは食いつかないので、
特に必要だと思います。


毎回書きますが、ここに書くことは、クロー
ラーなんて実際に見たことも触ったことも
ないど素人が、見よう見まねで作ったスティッ
クシャーシの作り方のご紹介です。
なので、そのつもりでお読みいただけると
とてもありがたいです。(^^;



それでは今日使う材料はこちらです~。

○アルミの10ミリのチャンネルバー
 (シャーシの残り)
○外径が5ミリのアルミパイプ
 (シャーシでスペーサーで使った残り)
○車のワイパーで使われている、ワイパー
 ゴムの骨となる(多分)ステンレスの板
○1ミリアルミ板
○延長用ボディーマウント
○ラジコン用のバランスウェイト
○3ミリの40ミリネジ
○3ミリのナイロンナット
○3ミリのワッシャーとナット適量
○タイラップ沢山

と、多分このくらいです。

車のワイパーのステンレスの板は、カー用
品店で新品のワイパーゴムを買うと付いて
いますが、それではお金がもったいないの
で、ご自分のクルマのためにゴムだけを買
い替えて、古い方のゴムについている板を
使うか、カー用品店の駐車場のごみ箱など
にもよく捨てられていますので、それを拾っ
て使うとタダで済みます。(^^;
ちなみに僕は以前から持っていたものを使
いました。
棄てないで良かった。(^-^

ナイロンナットも、緩むと締め付けが出来
なくなる所に使うので、必ず2個は必要で
す。

3ミリの40ミリネジと書きましたが、実
際は出来るだけ長い方がいいと思います。

IMG_6506.jpg IMG_6516.jpg
ラジコン用のウェイトや延長用のボディー
マウントは、ラジコンの専門店などにある
と思います。
ウェイトは売っていなければ釣具屋さんの
板鉛でもいいと思います。

その他のアルミの物はシャーシを作った時
のあまりです。

それではまず、フロントのウェイトを取り
付けます。
僕のクラッドのタイヤは、大昔に作ったも
のなので、瞬着で張り付けてしまったおり
ます。
なのでホイールハブには取り付ける事が出
来ないので、アップライトに取り付けるこ
とにします。

タイヤを外してから、アップライトについ
ている油脂を脱脂して、巻きつけるように
貼り付けます。

IMG_6506.jpg IMG_6510.jpg
IMG_6515.jpg
僕の買って来たおもりだと、ホイールの内
側と、アップライトの周りにギリギリです
が、2重にして貼り付けることができます。

IMG_6511.jpg IMG_6513.jpg
注意点としては、初めに貼り付ける時は、
アップライトから少し飛び出るように貼り
付けて、2回目に張るときは、逆にだいぶ
下の方にずらして貼り付けるようにします。

IMG_6514.jpg
理由は、同じ高さに貼り付けると、ホイー
ルの内側のリブに、おもりが引っかかって
しまいタイヤが回らなくなってしまいます。
張り付けた後は、必ず手でタイヤが回るか
確認をした方がいいです。

次にスタビライザーを作ります。
スタビライザーで使う材料がちょっと特殊
なのですが、入手自体は比較的簡単だと思
います。
また、僕はこの材料を使いましたが、他に
もいい物があるかも知れませんので、色々
試してみるといいかも知れませんです。
良い物があったらぜひ教えてください。(^^;
この材料には弾力があって曲がらないこと
が大事です。
適当な太さのピアノ線などがあればいいと
思いますが使った事がないのでよくわかり
ません。

IMG_6524.jpg
シャーシの裏側のロッドの付け根の内側の
幅を計ります。
計った長さにワイパーの板を曲げます。
この板は曲げる時にちょっとコツが要ります。
そのコツとは、片方をペンチで挟んでから、
もう片方は手でゆっくり曲げることです。
勢い良く曲げると簡単に折れてしまいます。
僕は真ん中の部分を捻ってみましたが、実
際は必要かどうか良くわかりません。(^^;
なくても使えるような気がします。
ちなみに捻る時はペンチ2本でゆっくりとね
じれば簡単です。

コの字型(台形?)に曲げたら、今度は適当
な長さで余分なところを折ってしまいます。
折るときは他のところと同じように曲げてか
ら、今度はそのまま逆に曲げると簡単にポキッ
と折れます。
僕は両端の長さは70ミリ、真ん中は約55ミ
リくらいで作りました。

IMG_6525.jpg
同じ物が2本完成したら、平らな所に置いて
歪みがないか確認します。
これはとても大事です。
これをやらないとシャーシが歪んでしまうと
思います。

IMG_6540.jpg IMG_6542.jpg
完成したらシャーシの裏から取り付けるので
すが、まずはタイラップで真ん中の2本から
締め付けます。
それから残りの4か所をタイラップで締め付
けますが、外から見えないように、ロッドの
内側に取り付けた方が見栄えは良くなります。
タイラップで締め付ける時は目いっぱい締め
付けましょう。

もう片方のスタビライザーも同じように取り
付けると、スタビライザーの完成です。
付ける前よりも格段に安定感が増して、非常
にガッチリした感じになりますです。

最後にボディーマウントを作ります。
まずはボディーマウントを2本にするか、
4本にするかを決めます。
決めた本数のアルミパイプを、お使いになる
ボディーの高さに合わせて、大体の長さで5
ミリのパイプから切り出します。

IMG_6544.jpg
次に3ミリで40ミリのネジをパイプの片方
に差し込んで、
パイプを刺した方の端から5ミリくらいのと
ころを、ペンチか万力などで思いっきり締め
付けます。
そうすると簡単に潰れますが潰れてからも、
なお思いっきり締め付けます。
この時潰した長さがネジ穴の長さになるので、
出来るだけ長いネジの方が強度が上がります。
そうするとネジが抜けなくなるので、ドライ
バーで緩めて抜き取ります。

ネジを外したら、今度は逆の端に、端から5
ミリくらいのところに1ミリの穴を開けます。
この時は出来るだけパイプに対して直角にあ
けましょう。
穴を開けたら、ラジコン屋さんで買って来た、
延長用のボディーマウントを取り付けてみま
す。
無事に取り付けられればボディーマウントは
完成です。
ボディーマウントを取り付けるためのチャン
ネルバーを切り出して、真ん中と両端に穴を
あけて、先ほど作ったボディーマウントを取
り付けます。

IMG_6546.jpg IMG_6549.jpg

次にチャンネルバーを25ミリ程度の長さに
切りだして、真ん中に3ミリの穴をあけ、ボ
ディーマウントを取りつけたチャンネルバーの
真ん中んの穴と一緒に必ずナイロンなとで締
め付けます。
この時に緩み止めでナイロンナットを使います。
またナイロンナットが必ず長い方のチャンネルバー
に来るようにしましょう。
後でタイラップでシャーシの取り付ける際に、
ナットが下側に来ると邪魔で取り付けられな
くなります。
ここまで完成したら、あとは写真の様にタイ
ラップでシャーシの好きなところに取り付け
て完成です。

IMG_6558.jpg IMG_6555.jpg
IMG_6553.jpg
後はマウントが長い場合などは上の方や付け
根あたりで補強をした方がいいと思います。
またこの作り方ですと、強度が弱いので、ク
ローリングなどで車が転ぶと簡単に壊れてし
まうかもしれませんが、その時はあきらめま
しょう。(^^;;

IMG_6561.jpg IMG_6565.jpg
IMG_6566.jpg IMG_6568.jpg
IMG_6574.jpg
僕はこんな感じで補強してみました。
ボディーの関係で後ろのマウントが
非常に長いので、転んだらすぐに壊
れそうでちょっと怖いです。(^^;


IMG_6571.jpg
という感じで、今回の更新で多分、
ほぼ完成に近くなったと思います。
また何か変更をしたりした際には
更新していきたいと思います。(^^

今日はこんな感じで久しぶりのス
ティックシャーシのご紹介でした~。

Posted on 2010/09/06 Mon. 17:22 [edit]

category: RCロッククローリング

thread: ラジコン  -  janre: 趣味・実用

TB: 0    CM: 0

06