FC2ブログ

11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 01

弐 ずんういあ

毎日更新!コリスのフエラムネのおまけや日常のことなどをいろいろと書いていきます(^-^ノ

コクサイ SIG SAUER P220固定ガスガンの分解 

最近のガスガンはガスブローバックが定番で
固定ガスガンと言うと古臭いイメージが付き
まとうと思うのですが、僕も結構古い固定ガ
スガンを持っております。

タイトルでも書いているとおり今は無きコク
サイの固定ガスガン、SigSauerP220です。
このガスガン、17年くらい前に買った物な
のですが、今でも一番気にっているガスガ
ンです。
マルイのステアーGBなどの様に、固定式です
がコッキングはできます。
コッキングをしてハンマーを起こしシングル
アクションでも撃てるので雰囲気も味わえて
楽しいです。(^^

そんな古いガスガンも古いが故にフレームに
ガタが来て、今日の夕方2箇所が割れてしまっ
たので、修理の為に始めて分解してみました。
過去にも挑戦したのですが、傷を付けたくな
いので無理な事が出来ずに、分解を諦めてお
りましたが、今回何とか分解が出来ました。

P1080676.jpg

まずは分解の手始めに、マガジンを抜きグリッ
プを両側外します。
P1080677.jpg
グリップの中にあるL型のスプリングと、反対
側のセイフティーレバー(デコッキングレバー)
を外します。
セイフティーにはラチェットの為のピンとス
プリングがあるので、なくさない様に注意で
す。
次にスライドのロック用の太いピンを抜きま
す。
ここからがスライドの分解ですが、3本のピ
ンを抜き取ります。
P1080678.jpg
写真の黄色い丸のピンを抜くのですが、トリ
ガーのピンを抜く時にちょっと注意がありま
す。
ピンの片方の端に抜け防止用にギザギザがあ
り、ギザギザのある方から叩いても抜くこと
は出来ません。
ギザギザのない方から叩くという感じです。
僕の場合は写真の反対側から叩き、手前側に
抜くようになっておりましたが、確実にとは
言いにくいので抜く前に確認したほうが良い
と思います。

残りの2本のピンは抜くのに向きはありませ
ん。
これでスライドがガタガタと少しだけ動くよ
うになります。

それから、間違ってもスライドにあるピンは
抜こうとしてはいけません。
このピンを叩き込んでしまうと、スライドは
動かなくなり、分解も出来なくなってしまい
ます。
このピンはスライドに内部メカを固定する為
のもので、スライド分解後に抜く事が出来ま
す。

スライドの外し方なのですが、何だかよく分
かりにくいのですが、スライドを前方にずら
しながら斜め上のほうに引っ張ります。
多少硬いのですが斜め上の方に引っ張るよう
にガタガタやっていると何とか外れると思い
ます。

IMG_3764.jpg IMG_3763.jpg
IMG_3765.jpg
外れたのがこちらです。
写真のとおり内部メカがすっぽりすべて外れ、
フレームのみになってしまいます。
スライドの方にはガスバルブやトリガーなど
もついています。

IMG_3761.jpg
更にバラしたところです。
これでほぼ分解も終わりです。

劣化してあちこちが磨耗したり割れたりしてし
まったので、補修いたしました。
IMG_3765_0.jpg IMG_3766_.jpg

IMG_3767.jpg
写真の黄色い丸の部分ですがトリガーピンの穴
が磨耗で緩くなりハンマーが落ちなくなったの
と、スライド後端の部分のピンの穴が割れてし
まったので、割れた部分を瞬着で貼り付けまし
た。
それから折角はじめてバラしたので、各部分に
シリコンオイルを差して組み立てました。
組み立ては逆の手順なので簡単だと思います。

ちなみにコクサイのP220には同じフレームでエ
アコッキングガンもあります。
恐らくは分解方法も同じだと思いますが、まだ
新品同様のエアコキはバラしたくないので試し
ておりません。(^^;

(訂正です。ピン1本で通常分解は可能でした。)

そんなわけで最後にちょっと比較画像です。
それぞれ右側刻印の文字が白い方がエアコッキ
ングです。
これははじめからこの状態でした。
P1080676.jpg P1080681.jpg
P1080680.jpg P1080682.jpg

マガジンは右がエアコキで左がガスガンです。
BB弾を入れる為のインナーチューブは長さが
違います。
P1080683.jpg P1080684.jpg

マガジンリップです。
P1080685.jpg
ガスガンのマガジンボトムも一度壊れて補修し
ておりますが、またいつ壊れるか分からないの
でマガジンは抜かずにガスとBB弾を補充できる
コクサイのマガジンは有難いです。
本当は壊れにくい形だともっと有難いのですが
ね。(^^;

長くなりましたが、今回は初めて分解した、
コクサイ固定ガスガンSigSauerP220の分解で御
座いました。
取りあえずは直ったので、これからも大切にし
ていきたいです。(^^
やっぱりP220はカッコいいです。(^-^
後は何とか古いLSのエアコキを手に入れられた
ら幸せです。(^^
スポンサーサイト



Posted on 2014/04/05 Sat. 02:23 [edit]

category: 鉄砲

thread: ホビー・おもちゃ  -  janre: 趣味・実用

TB: 0    CM: 0

05

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://iunz.blog6.fc2.com/tb.php/1952-54bb2240
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list