06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

弐 ずんういあ

毎日更新!コリスのフエラムネのおまけや日常のことなどをいろいろと書いていきます(^-^ノ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

クラッド足で2.2のクローラーを作ろう その5 

つい先日、数年ぶりに走らせに行ってきた
自作シャーシのラジコンなのですが、その
際に以前から気になっていたのですが手
を付けなかった部分が、やはりとても気に
なったので、実に4年半ぶりにこのクローラー
を弄りました。

今回気になっていじった部分は、ボディーと
シャーシを繋ぐボディーマウントです。

以前の取り付け方法は、ボディーマウント用
のアルミとプラ板で作った部品を、ボディーの
内側に両面テープで張り付けてボディーを付
けておりましたが、この方法だとボディーマウ
ントとボディーの接着面が弱く走行中の振動
でボディーがぐらぐらしておりました。

そんな訳でもっとガッチリとした固定が出来る
ように、取り付け方を改善しましたです。
使った材料はアルミの棒だけです。

以前はこのような形でボディーを付けておりま
した。
P1100443.jpg
両端の棒の先端の部品がボディーの内側に
両面テープでついておりました。

こちらがボディーと取り付け用の部品です。
P1100444.jpg
今回は取付用の部品はそのまま使い、ボ
ディーとの固定用には両面テープではなく
ボディー用のインナーフレームを作り、そこ
にネジで固定いたしました。

P1100445.jpg
2ミリ厚10ミリ幅のアルミの棒をこんな感じ
に切って曲げます。

P1100447.jpg
マウント部品と合体させて、幅を調整します。

P1100448.jpg
これだけだと弱いので上の方に一本バーを
追加しました。

P1100450.jpg
ここまででこんな感じです。
大分しっかりとしております。(^^

このフレームとボディーを重ねるとこんな感
じになります。
P1100451.jpg P1100452.jpg
双方の固定にはダイソーで買ってきた面ファ
スナー(マジックテープ)を使います。
P1100453.jpg
今度は乗っけて動かないようにするだけなの
でこれでもなんとかなるかと思います。

P1100443.jpg
次にシャーシ側の取り付け用の丸棒が、タイ
ラップとアルミのアングルだけでの固定では
ちょっとぐらつくので、こちらも改善しておきま
す。

P1100454.jpg
アルミのバーとネジとでしっかりと固定してお
きます。

P1100455.jpg
両方を組むとこんな感じです。

最後に今まではシャーシに巻きつけていた
AMレシーバーのアンテナ線のために、ボディー
内にアンテナパイプを取り付けました。
P1100457.jpg
タミヤのカラーアンテナチューブに入っている
アンテナホルダーを使っております。
この位置だとボディーに当たりません。

すべて完了してボディーを付けたのがこちら
です。
P1100458.jpg
これで今度はしっかりとボディーがシャーシに
ついているのでぐらつくようなことはないと思
います。

4年ぶりのクローラーでしたが、これを持って
何処に走らせに行くのかが問題ですね。(^^;
スポンサーサイト

Posted on 2015/11/27 Fri. 22:31 [edit]

category: RCロッククローリング

thread: ラジコン  -  janre: 趣味・実用

TB: 0    CM: 0

27

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://iunz.blog6.fc2.com/tb.php/2609-148600cb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。