fc2ブログ

03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 05

弐 ずんういあ

毎日更新!コリスのフエラムネのおまけや日常のことなどをいろいろと書いていきます(^-^ノ

タカラトミー Qステア 

今日は2006年頃にタカラトミーから発売さ
れていた、チョロQのリモコン操作タイプの、
「Qステア」のご紹介です。

昨年の6月にこのブログでご紹介した、チョロQ
ハイブリット
の最後に今度はQステアもご紹介し
ますと書いていたのですが、すっかり忘れていた
ので今頃になってのご紹介です。(^^;

上でも書きましたが、確か2006年ごろに発売
されていたリモコン版チョロQです。
値段の方もとても安くて、だいたい1000円以
下で売っておりました。
定価でも1200円位だったと思います。
車種によっては2台セットやオプションパーツが
セットになっているものなどがありました。
なので、値段はセット内容によっても変わります
が、リモコンとシャーシの通常のセットでしたら
ドンキなどでは実売は1000円以下でした。

IMG_7729.jpg IMG_7730.jpg
IMG_7731.jpg IMG_7732.jpg
IMG_7733.jpg IMG_7734.jpg
IMG_7735.jpg IMG_7736.jpg
IMG_7737.jpg
写真のGT-Rにはスピンタイヤユニットと言う
プラスチック製のタイヤが付いておりました。

Qステアはリモコン4バンド、シャーシは2バン
ド切り替え式のリモコンチョロQです。
電源はリモコンとシャーシともにボタン電池の
LR-44が2個で動きます。
車体の方はボタン電池でもだいたい1時間程度は
遊べます。
しかしボタン電池は少し割高で、100円ショッ
プでも2個100円ほどします。
100円ショップでも商品の中にはボタン電池を
3個~4個使う商品もありますよね。
その様な商品にはたいがい初めからテスト用電池
が入っていますので、電池目的でその様なものを
買う方がお得です。
過去に何度もその様にしてテスト電池で遊んでお
りますが、ボタン電池として売っている電池と殆
ど遜色ありません。

またボタン電池入りの商品は、ライトやブザーな
どと言ったものが多いので、電池を取り出した後
の物からもLED等がとり出せてお得です。
中にはLED5個とボタン電池4個なんて言う、
とんでもないお得なものもありますです。(^^

話がそれましたが、リモコンがA~Dバンドの4バ
ンドの切り替え式という事で、同時走行は4台ま
で可能ですが、シャーシの方はA、Bの切り替え
とC、Dバンドの切り替え式の2種類あり、3台
以上で同時に走らせる場合は同じバンド同士がダブ
らない様に揃えなくてはいけませんので注意が必
要です。
IMG_7765.jpg
車種によってバンドが決まっていたので、場合に
よっては欲しい車種がすべて同じバンドなんて言
うことも考えられるので要注意ですね。

IMG_7757.jpg
リモコンには右上にターボボタンが付いており、
これを押している時だけ通常走行よりも加速して
走る事ができます。
押している間の方が走行スピードがちょうど良い
のでコースを走らせる時などはほぼ押しっぱなし
です。
リモコンが小さすぎて使いにくいので、このボタン
は常に押しっぱなしにしたいところなのですが、
その様に改造をしてしまうと、ターボボタンを押
した時に出る赤外線が使わない時でも出っぱなし
になってしまうので、電池がすぐになくなってし
まいますから思いついてもやらない方がよさそう
です。(^^;

現在の現行リモコンチョロQのチョロQハイブリット
とは違い、Qステアはボディーの交換などの分解は
サポートの対象外で恐らくボディーを外すと保証対
象外になってしまうと思いますので、内蔵されてい
る基盤などには内側のカバーなどはなく、ボディー
を外すとむき出しになります。

IMG_7738.jpg IMG_7739.jpg
IMG_7740.jpg IMG_7741.jpg
こんな感じです。
さすがにハイブリットほどは綺麗ではありませんが
変なところを触らなければそう簡単には壊れません。


ボディーもチョロQとは互換性がないといいまして
もそこは同じメーカーが意識して作っているので保
障外ですが交換は可能です。
もちろん自己責任ですが。(^^;;
チョロQのホイルベースが短いボディーでオーバーハ
ングが長いものが取り付けやすい様に思います。
取り付け方は改造なので工夫次第ですが、そんなに
大変な作業ではありません。
IMG_7753.jpg IMG_7751.jpg

ボディー自体もチョロQと同じではなくて、細部に
わたって変更点があります。

IMG_7762.jpg IMG_7763.jpg
一番大きな違いはやっぱり取り付け方法が違うので
ネジ穴などがなくてフロントも爪で引っ掛けるよう
になっていることです。
また同じ車種のボディーでも、ボディーのプラスチッ
クの厚みが薄くなっており、軽量化されています。
なのでチョロQボディーを被せる場合は、ボディー
の内側がシャーシの後部にあるギアに干渉してしま
い走らなくなってしまうので、小さな彫刻等の様な
物で、ボディーに穴が開かない程度にえぐり取って
やると良いですよ。

以前ご紹介しました、らき☆すたの痛車も被せてみ
ました。(^^
こんな感じでしっかりと載りますよ。
IMG_7752.jpg


IMG_7750.jpg IMG_7749.jpg
また、チョロQもこちらの写真の様にウインドウが
透明でない物もあるのですが、赤外線の透過率は結
構凄い様なので、問題なく走らせることができます。

裏側はこんな感じです。

IMG_7759.jpg
左側がハイブリットで、右側がQステアです。
下側の前と後ろのタイヤの間の丸いものがバンド切
り替えスイッチです。
上のタイヤの間のレバーが電源スイッチです。
ハイブリットの様に文字に色が付いていないで、
ちょっとわかり難いです。
ちなみにスイッチは良く切り忘れてしまうので要注
意ですが、Qステアは動いていなければ電気の消費
はほとんど無いみたいなのでちょっと安心です。
実は以前、2ヶ月ぶりに出してみた時に、スイッチ
入りっぱなしでしたがちゃんと動いた事があります。
とはいえ気をつけましょう。(^^;

IMG_7754.jpg IMG_7755.jpg
電池のとりかえは、この様にリモコンについている
レバーで行います。
突き刺してから抜くと、電池の蓋が開きます。


また改造ですが、ライトをつける事もできます。

IMG_7743.jpg IMG_7744.jpg
IMG_7746.jpg IMG_7745.jpg
IMG_7747.jpg IMG_7764.jpg
こんな感じです。
この改造はボンネット部分に厚みがあるボディーが
条件です。
厚みがないとLEDがサスに干渉してしまい、曲が
る事が出来なくなってしまいます。
僕はフィアットでやりましたが、ボディー交換の時
も同じ条件のボディーしか使えなくなってしまいま
すので、良いような悪いようなですね。(^^;

最後にQステアとハイブリットの比較です。
IMG_7758.jpg IMG_7760.jpg
IMG_7759.jpg
ランエボXとR35との比較なので微妙ですが、
R35のQステアの方が、ボディー交換を考えて
いないせいか全体的に車高が低めです。
でもこれはボディーの違いの差かもしれませんね。
その他のホイールなどでは見分けがつきません。
リモコンは決定的に違います。
やっぱりハイブリットの様に大きい方が使いやすい
ですね。

いまこのQステアを買おうと思うと、ネット通販か
オークションなどになると思います。
ネット通販で探すとまだ普通に手に入ります。
またQステアにはタミヤのバギーをQステア化した
のもや、マリオカートの形の物など色々とあります。
タミヤのバギータイプは新品でも、内蔵の充電電池
が寝ていて動かないことが多いので要注意です。
僕も2個買いましたが、新品でも2個ともまともに
は動きませんでしたから・・。(T-T

IMG_7742.jpg IMG_7766.jpg
今回は写真も多く非常に長くなってしまいましたが、
今日はこんな感じでとっても久しぶりに、2006年
ごろに発売されたミニラジコンのQステアのご紹介で
した。
スポンサーサイト



Posted on 2011/03/05 Sat. 18:10 [edit]

category: チョロQ

thread: ホビー・おもちゃ  -  janre: 趣味・実用

TB: 0    CM: 0

05

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://iunz.blog6.fc2.com/tb.php/769-6b946d63
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list